虫歯・歯周病

虫歯・歯周病は早期発見・早期治療が重要です

虫歯や歯周病は、ともに症状が進行すると歯を失うことに繋がる恐ろしい病気です。そのため、将来にわたってご自身の歯を保つためには、早期発見・早期治療が重要となります。

しかしこれらの病気は、初期段階には「痛み」「しみ」などの自覚症状が現れにくいという特徴がありますので、歯科医院で定期健診を受けられて、小まめに歯の健康状態をチェックするようにしてください。

虫歯の原因

ブラッシングなど、ご自宅でのケアだけでは取り除けなかった歯垢(プラーク)や歯石などの汚れが、歯の表面に残ることで虫歯菌が繁殖します。

繁殖した虫歯菌は糖質から酸を生成し、歯の表面のエナメル質を溶かしていきます。初期段階には痛みなどの自覚症状はほとんど現れませんが、症状が進行するにつれて、激しい痛みやしみなどの症状が現れ始めます。

虫歯の進行

虫歯は「カリエス(Caries)」とも言い、その進行は「CO(シーオ-)」から「C4」までの5段階に分けられます。

CO(経過観察)

虫歯菌の酸により、歯の表面が浅く溶けた状態です。歯の表面が白く濁ったり、溝が茶色くなったりしますが、痛みなどの自覚症状はほとんどありません。歯を削らずに再石灰化を促し、経過観察します。

C1(エナメル質の虫歯)

虫歯菌の酸により、歯のエナメル質が溶けた状態です。歯の溝に小さな黒ずんだ孔が開きますが、痛みなどの自覚症状はありません。この段階で治療を受けられるのが理想的です。

C2(象牙質の虫歯)

エナメル質の内側にある、象牙質にまで虫歯が進行した状態です。冷たい水がしみる、歯が時々痛むなどの自覚症状が現れ始めます。

C3(神経にまで達した虫歯)

虫歯が歯髄(歯の神経)にまで進行した状態です。歯髄炎が起き、激しい痛みのほか、熱いものがしみるなどの症状が現れます。歯髄炎が進行すると、歯髄は腐り死んでしまいます。

C4(歯根にまで達した虫歯)

目に見える部分の歯がほとんど溶けてしまい、歯根だけとなった状態です。歯髄が死んでしまっているため痛みは感じなくなりますが、歯根の先に膿が溜まると再び痛みが発生します。この段階にまで至ると、通常の治療だけでは治癒をはかるのが難しくなり、抜歯を検討しなければいけなくなります。

虫歯治療にともなう痛みが不安な方へ

虫歯の治療に対して、多くの方が「痛い」「怖い」というイメージを持たれているかと思いますが、当院では痛みが不安な方のために、麻酔を使用した治療も行っております。また、麻酔を注射する時にもできるだけ痛みが生じないように、麻酔薬を温めてから注射するようにしております。麻酔液と体温とに温度差があると、痛みが生じやすくなるからです。

しかし、麻酔によって痛みを軽減することも重要ですが、その前に、まずは患者様にリラックスした状態で治療を受けて頂くことが大切です。心理的な作用により、痛みの感じ方が変わる場合があるからです。ですので、治療前には患者様とお話しするなどコミュニケーションをはかり、落ち着いた気分で治療を受けて頂けるように配慮しております。

できる限り歯を残すために~根管治療~

歯の中にある神経が通る細い管のことを、根管と言います。そして根管治療とは、根管内の死んだ歯髄や汚染物質などを取り除き、清掃し消毒する治療です。

初期段階の虫歯であれば、虫歯部分を削って詰め物を詰めるだけで治療を終えることも可能ですが、虫歯が歯髄にまで到達している場合などには、根管治療を検討する必要があります。根管内の死んだ歯髄や汚染物質などを専用器具を用いて除去することで、可能な限り抜歯を回避し、歯の保存をはかります。

歯周病の原因

歯周病とは、歯垢や歯石などで繁殖した歯周病菌により、歯肉が炎症を起こす病気です。初期段階には痛みなどの自覚症状はほとんど現れませんが、症状が進行するにつれて、痛み、腫れ、口臭、膿が出るなどの症状が現れ始めます。

そして歯周病は歯槽骨(歯の土台となる骨)を溶かすため、重度になると歯がぐらつき、そのまま抜け落ちてしまうこともある恐ろしい病気です。現在、日本の成人の約8割が何らかの形で歯周病にかかっていると言われており、歯を失う一番の原因であるとされています。

歯周病の進行

歯周病は、歯のまわりの歯肉が炎症を起こす「歯肉炎」と、炎症が進行し深部にまでおよぶ「歯周炎」とに分けられます。これらを総称したものを歯周病と言い、その進行は「G」と「P1~3」までの4段階で表されます。

歯肉炎(G)

歯周ポケット(歯と歯肉の隙間)に歯垢や歯石が付着した状態が続いたために、歯肉が炎症を起こした状態です。歯肉が赤く腫れ、ブラッシング時に出血することがあります。歯周ポケットの深さは2~3ミリ程度で、ご自宅や歯科医院でのケアにより歯垢などの汚れをきれいに取り除くことで、症状を改善に導くことが可能です。

軽度歯周炎(P1)

歯肉炎がさらに進行した状態です。歯周ポケットの深さは3~5ミリ程度となり、そこから出血したり膿が出たりして、口臭を感じるようになることがあります。

中度歯周炎(P2)

歯肉の炎症が慢性化し、歯槽骨が溶け始めます。歯周ポケットの深さは6ミリ程度となり、歯が浮いたような感じがある、硬い物を噛むと歯が痛む、ぐらつくなどの症状が現れるようになります。

重度歯周病(P3)

歯槽骨が半分以上溶け、歯根が露出し、歯の痛みやぐらつきがひどくなります。歯周ポケットの深さは6ミリ以上となります。この段階にまで至ると、痛みのせいで食事がとれなくなることもあり、通常の治療だけでは改善に導くことが難しくなるため、抜歯を検討しなければいけなくなります。

歯周病の症状改善・予防には
プラークコントロールが効果的です

歯周病は、歯垢や歯石などで繁殖した歯周病菌に感染することで発生する感染症です。そのため、症状改善・予防をはかるにはプラークコントロール(歯に付着した歯垢の量を減らすこと)が重要となります。

しかし、ブラッシングなどのご自宅でのケアだけでは、適切にプラークコントロールすることができない場合があります。ですので、当院でスケーリング(歯や歯根の表面に付着した歯垢などの汚れの除去)やルートプレーニング(歯周ポケットの奥深くに付着した歯垢などの汚れの除去)などの治療を受けられて、効果的に歯周病の症状改善・予防をはかられることをおすすめします。

歯周病が全身におよぼす悪影響

歯周病はお口の中だけでなく、全身にも悪影響をおよぼすことがわかっています。例えば、歯周病にかかっている人は、そうでない人と比べて心疾患を発症するリスクが高いとされており、さらには糖尿病を悪化させる可能性があるとされています。

そのほか、妊婦が歯周病にかかると、早産や流産のリスクが高まるとも言われています。こうしたことから、歯周病を予防することは歯だけでなく、全身の健康を守ることにも繋がります。

0120-888-026 ご予約のお電話はこちら