矯正歯科(インビザライン・舌側矯正)

矯正治療とは

矯正治療とは、叢生(歯が重なり合って生えている状態)、出っ歯、すきっ歯などの不正咬合を、矯正装置を使って正しい噛み合わせに整える治療です。

矯正治療はお子様が受けるものとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、成人の方でも正しい噛み合わせや審美性の改善のために、矯正治療を受けられる方はたくさんいます。

不正咬合の種類

歯並びの悪さは、お口まわりの審美性だけでなく、歯の機能性にも悪影響をおよぼす可能性があります。矯正治療では歯並びをきれいに整えるとともに、噛み合わせなどの機能性の改善もはかります。

叢生
(そうせい)

歯が重なり合って生えている状態です。

出っ歯

上顎が下顎よりも前に出ている状態です。

すきっ歯

歯と歯の間に隙間がある状態です。

受け口

下顎が上顎よりも前に出ている状態です。

開咬
(かいこう)

奥歯だけが噛み合って、前歯が噛み合わずに開いている状態です。

「誰にも気づかれずに矯正治療を受けたい」という方にはインビザラインがおすすめです

「誰にも気づかれずに、矯正治療を受けたい」

こうした方には、インビザラインがおすすめです。インビザラインとは、1998年にアメリカで開発された矯正装置で、透明なマウスピースを装着することで歯を動かし、噛み合わせや歯並びを整えていきます。

インビザラインのマウスピースは透明かつ薄いので、口を開けた時に装置が目立つことはほとんどありません。また、ワイヤーやブラケットを使用しないので、装置が唇に食い込んだり、舌や粘膜に当たったりすることがないため、従来の矯正装置よりも痛みが少ないとされています。

そして装置を患者様自身で取り外すができるので、治療前のように食事を楽しんだり、ブラッシングなどの毎日のケアをしっかり行ったりすることができます。さらにインビザラインは金属を使用しない矯正治療ですので、金属アレルギーの方でも安心して装着することができます。

インビザラインの特徴

正確に患者様の歯型が再現できる

インビザラインでは、患者様の歯型をCTスキャニングすることで3D的に治療設計を行うため、患者様の歯型を正確に再現することができます。

様々な症例に対応することができる

インビザラインは様々な症例に対応することができます。さらにインビザラインであれば、矯正治療中にもホワイトニングを受けて頂くことが可能です。

一度の型取りですべてのマウスピースが作製できる

インビザラインで使用するマウスピースは、基本的に一度の型取りで作製することができます。ですので、歯の型取りにともなう患者様の負担を軽減することが可能です。

インビザラインはこんな方におすすめです

まわりの人に気づかれずに矯正治療を受けたい方
金属の矯正装置を装着することに抵抗がある方
矯正治療中も、食事を美味しく味わいたい方
矯正治療中も、ブラッシングなどのケアをしっかりと行いたい方
営業職、接客業など、人前で話をする機会の多い方
金属アレルギーの方

歯の裏側に装着するので、「舌側矯正」なら装置が見えません

舌側矯正とは、歯の裏側に矯正装置を装着することで、歯を動かしていく矯正治療です。歯の裏側に装置を装着するので、お口を開けて笑った時でもほとんど目立ちません。接客業や営業職など、人前で話をする機会が多い方におすすめです。

また、歯の表側に装置を装着する通常の矯正装置と比べて、舌側矯正では唾液がよく循環するため、お口の中で菌の繁殖が起こりにくくなるため、虫歯になりにくい環境にすることができます。さらに表側の矯正では、装置を付けた部分が「脱灰」と言って白くなった場合、それが目立ってしまう可能性もありますが、舌側矯正であれば裏側に起こるので、目立つことはありません。このように、治療中も治療後もお口まわりの審美性を損なうことなく矯正治療を受けられる点が、舌側矯正の大きなメリットの1つであると言えます。

当院では「インコグニート矯正装置」による治療も行っております

当院では、「インコグニート矯正装置」による治療も行っております。これは、従来の舌側矯正装置よりも格段に薄く、かつ治療期間を早めることが可能な装置です。ご希望の方は、お気軽に当院までお問い合わせください。

0120-888-026 ご予約のお電話はこちら