もりかわ歯科・矯正歯科の最新情報

2015.05.31更新

pic20150531100001_0.png

子供の歯列矯正は、一般的に歯の生え変わる小学校低学年頃(2~3年生)の間に治療を行うことが大切です。歯が生え変わるタイミングには個人差があるので、噛みあわせや歯並びが気になった時点でご相談いただくことが重要になります。

年単位の治療が必要になる歯列矯正には、将来を見据えた治療計画を立ててから治療を進めていきます。
正しい永久歯の位置に生えてくるよう、子供の時期から歯並びに注意し、矯正治療、必要の有無を判断することも大切です。

まずはお気軽にご相談ください。
近鉄『高安駅』から徒歩5分の矯正歯科なら”もりかわ歯科・矯正歯科”へ。

投稿者: 医療法人一艇会(いっていかい)

2015.05.30更新

歯科治療の中でも、長い時間お付き合いが必要な歯列矯正。

だからこそ患者様のライフスタイルにあった、矯正法をご提案いたします。
メリットやデメリットをしっかりとご説明し、矯正医からの観点を元に、出来るだけ患者様のご希望に添える治療計画をたてます。
出来るだけ目立たない矯正や、マウスピースを用いた矯正など、患者様のニーズに合わせたご提案が可能です。

もちろん治療に関しては院長が自ら行います。
また、ご不安になられる費用に関しても、すべて明示し、治療前からご理解いただけるよう配慮しております。

院内ローンやクレジットカードでのお支払いにも対応。

歯並びについてお悩みがございましたら、無料相談を行っておりますので、お気軽にお電話ください。

投稿者: 医療法人一艇会(いっていかい)

2015.05.11更新

噛みあわせや歯並びが悪い状態のことを不正咬合といいます。

不正咬合には様々な種類があり、口が閉じた状態でもわかるのが「上顎前突(出っ歯)」と「下顎前突(受け口)」です。
そのほかにも「叢生(乱ぐい歯)」や「空隙歯列(すきっ歯)」などがあります。

日本では八重歯はかわいいという概念が根強くありますが、八重歯のおばあちゃんを見たことがありますか?
ほとんどの方がNOと答えると思います。

歯並びの悪い歯は、日常の口腔ケアが行き届かず虫歯などのダメージによりキレイな状態を保つことが難しいのです。
近年ではこどもの頃から矯正をする方も増えていますが、成人の方でも遅くはありません。

まずはお気軽にご相談ください。

投稿者: 医療法人一艇会(いっていかい)

2015.05.10更新

矯正歯科(歯列矯正)は、見た目の歯並びをキレイにすること、噛みあわせを考えた治療が大切です。

当院では噛みあわせを考慮した歯列矯正をご提案致します。

歯並びを綺麗にすることは欧米諸国ではごく当たり前に行われています。
日本でもかなり一般的になってきましたが、それでもまだまだ放置されている現状です。

歯並びで顔の印象はかなり変わります。
顔全体の印象が口元の印象によって大きく違ってくるのです。
受け口や出っ歯などでコンプレックスを抱えている方も是非ご相談ください。

矯正治療では、歯並びの状態を向上させ、笑顔の印象が大きく変わります。

投稿者: 医療法人一艇会(いっていかい)

0120-888-026 ご予約のお電話はこちら