もりかわ歯科・矯正歯科の最新情報

2015.12.13更新

子供の矯正治療とは乳歯列期や乳歯と永久歯が混合した時期に行うものです。
これをⅠ期治療と呼び、それに対してすべて永久歯の時期に行うものをⅡ期治療と呼びます。
Ⅱ期治療では骨格や筋肉・顎関節が成熟してしまっているので、ワイヤーでしか歯を動かすことが出来ません。
しかし、Ⅰ期治療では成長段階にあるので骨格の改善を促すことが出来ます。

Ⅰ期治療の治療法
・ 開始年齢は6~8歳頃が最適です。年齢が進むにつれ骨格の改善が難しくなるので早い目の受診をオススメします。
・ 来院間隔は1~3ヶ月に1度程度です。

Ⅰ期治療から行うメリット。
綺麗な歯並びは見た目だけではなく、虫歯や歯周病になりにくいです。
また来院時に歯のクリーニング・フッ素塗布・歯磨き指導を行います。
当院では、将来、虫歯も銀歯も1本もなく、一生自分の歯で咬むことの出来るようにサポートいたします。

投稿者: 医療法人一艇会(いっていかい)

2015.12.11更新

矯正治療は保険がきかない「自費診療」になります。

しかし矯正治療でも医療費控除の対象となる場合もあり。その場合は確定申告をすれば還付金が受けられます。

(※歯科医師の診断書が必要となるケースもあります)

 

還付金に関しては、収入(所得額)や医療費によって異なりますが、一年間にかかった治療費と総所得金額に応じて所得税が軽減されます。

医療費控除の申請には、医院から発行した領収書が必要となりますので必ず捨てずにを保管しておいてください。

 

子どものうちから矯正を行えば、将来の歯科治療の費用もかかりにくくなりますし、見た目はもちろん、歯並びがしっかりしていると笑顔もステキになります。

当院では、見えにくい白い矯正装置や、透明なマウスピース矯正も行っております。


矯正治療・医療費控除についてお考えの方は、一度当院へご相談ください。

投稿者: 医療法人一艇会(いっていかい)

2015.12.09更新

見えない・目立たない矯正装置インビザラインなら、八尾市のもりかわ歯科・矯正歯科までご来院ください。

インビザラインは透明なマウスピースを装着して、歯列矯正を行う方法です。
食事や歯磨きの際には取り外しが可能なので、装置に食べ物がひっかかったりせず、違和感なく食事を楽しめます。

また薄く透明で、つけていないかのような状態で歯をきれいに矯正できますので、皆様に好評頂いております。
適応できる症例か診断致しますので、まずはお気軽にご相談ください。

投稿者: 医療法人一艇会(いっていかい)

2015.12.04更新

子どもの矯正治療をお考えなら、八尾市の高安駅から近い当院へご相談ください。

矯正治療は長期間に及ぶ治療の為、患者様と二人三脚で取り組む必要があります。
特にお子さんの場合、ケアを怠ってしまったり、インビザラインなどのマウスピース矯正の時には装置を装着している時間が短かったりして、うまく歯が動かない場合があります。

当院ではそういった指導はもちろん、検診時にも「家族を診るような治療」を心掛けていますので、二人三脚でいい結果が得られるよう、最大限の努力を致します。

投稿者: 医療法人一艇会(いっていかい)

0120-888-026 ご予約のお電話はこちら