もりかわ歯科・矯正歯科の最新情報

2015.10.13更新

親知らずは口腔内の一番奥に、20歳くらいになってから生えてくる歯です。

親知らずが生えてくると、痛みが出てくることがあります。
放っておくと痛みも増してきますし、磨き残しなども出やすくなるので、虫歯になってしまうケースも多々あります。

抜歯が必要か否かは、患者様自身では分からないかと思います。
表面上は生えていなくても、歯肉の中に歯が埋まっていて見えない場合もあります。
そのような場合、隣の歯を親知らずが押してしまい痛みが出ることや、横向きに歯が出てくることもあります。

まずはお気軽にご来院の上、ご相談ください。

投稿者: 医療法人一艇会(いっていかい)

0120-888-026 ご予約のお電話はこちら